雑多なブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンパス M.ZUIKO 30mm F3.5 Macro おもちゃ撮り

<<   作成日時 : 2016/12/02 23:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

オリンパス 60mmマクロを使い始めて撮る事が減ったシーンはテーブルフォトやブツ撮りで、今回購入した30mmマクロはこの辺のところを改善したいな〜と思っていたので、早速おもちゃで試し撮りという感じ。ウサビッチというアニメのプルバックトイとフィギュア(元々ガチャポンのストラップ)を使用して徐々に撮り始めています。

オリンパス OM-D E-M5の組み合わせで撮影した4608x3456pxの画像を800x600pxに縮小したサンプル画像になります。


30mmマクロでウサビッチ
30mm 1/10秒 f/3.5 ISO-200 -1.7EV

まずは部屋の中で試し撮り。アンダーに撮れていますが、奥のミニカーを見て分かる通りF3.5ですけど素直なボケ味に感じます。焦点距離が35mm換算 60mmのレンズなので、圧倒的にこういうシーンは30mmマクロの方が撮り易い。ちなみにこの写真だけ手持ち撮りではないです。


30mmマクロでウサビッチ
30mm 1/80秒 f/3.5 ISO-320 0.0EV

個人的に外で撮るのも楽しみのひとつ。まあ恥ずかしい時もありますが…w 落ち葉の季節なのでそれを活かして撮ったつもりです。奥は少し茂った感じでもう少しボケがうるさくなるかな〜?と思っていたのですが、それほどでもないような。今回はF3.5開放で撮りましたが、絞り具合でどう背景を活かすのか難しくもあり面白いと感じるところでもあります。


30mmマクロでウサビッチ
30mm 1/20秒 f/16 ISO-3200 0.0EV

ぐぐっと寄って撮ってみた1枚。これでもまだまだ撮影最短距離ではないんです。寄れ寄るほどボケるのでF16まで絞って撮っています。F3.5でも撮ってみたのですが、2番目の顔の表情が完全にとろけちゃっうのです。色々マクロ撮りしていると、E-M1の深度合成モード・フォーカスブラケットモードを使ってみたくなります。この点は、E-M1ユーザーさんがうらやましい。


30mmマクロでウサビッチ
30mm 1/320秒 f/4.5 ISO-200 -0.3EV

レンズ先から14mmまで寄れる最大撮影倍率2.5倍の高倍率マクロレンズですが、撮影最短距離を気にせずに構図が作れる余裕を感じます。なので14mmまで寄らなくても十分にその性能は構図作りに活きるのではないでしょうか。露出補正がきまれば、光で透ける葉も良い感じで撮れる気がします。この手の写真は、やっぱり30mmマクロの得意分野かもしれません。こちらは若干絞って撮っているので2枚目の写真よりも背景がくっきりしていると思います。


オリンパス : M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro





OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
オリンパス
2016-11-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリンパス M.ZUIKO 30mm F3.5 Macro おもちゃ撮り 雑多なブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる