雑多なブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊坂幸太郎さんの「首折り男のため協奏曲」を読み始め

<<   作成日時 : 2017/04/04 09:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

伊坂幸太郎 首折り男のため協奏曲

伊坂幸太郎さんの文庫本「首折り男のため協奏曲」を読み始めました。(新潮社文庫)

去年本屋で見かけた文庫本「首折り男のため協奏曲」と「死神の浮力」が気になっていて、ようやく「首折り男のため協奏曲」を購入しました。伊坂作品の読むのは何気に2年ぶりぐらい。裏表紙を見る限り伊坂ワールド的な感じなのですが、最近は実際読んでみると「自分が求めていたモノとちょっと違う…」と印象で少し伊坂作品から離れていました。

裏表紙のあらすじによると…

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦。いじめに遭う高校生は“彼”に助けられ、幹事が欠席した合コンの席では首折り殺人が話題に上る。一方で、泥棒・黒澤は恋路の調査に盗みの依頼と大忙し。二人の男を軸に物語は絡み、繋がり、やがて驚きへと至る!伊坂幸太郎の神髄、ここにあり。

…となっています。


ちなみにアマゾンのレビュー評価を見てみると現時点で★★★となっていて絶賛評価ではない模様。

少しずつ読み進めたいと思います。





首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)
新潮社
2016-11-28
伊坂 幸太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 首折り男のための協奏曲 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊坂幸太郎さんの「首折り男のため協奏曲」を読み始め 雑多なブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる