雑多なブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ケンコーの PRO1D Lotus C-PLを使い始め

<<   作成日時 : 2018/04/24 21:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ケンコー PLフィルター PRO1D Lotus C-PL

今年は鳥羽水族館に静止画と動画を撮り行く機会が増え、そこで気になってきたのはガラスの写り込み・反射になります。実はこれまでPLフィルターを使った事がなく、良い機会だったのでPLフィルターを購入してみました。購入したのはケンコーの水しぶきや指紋の汚れからレンズを守る!撥水・撥油機能を備えたPLフィルター「PRO1D Lotus C-PL」になります。オリンパス M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PROに装着するので62mmをチョイス。ヨドバシカメラで9,370円(税込)でした。


ケンコー PLフィルター PRO1D Lotus C-PL

パナソニック LUMIX G8で動画も撮り始めNDフィルターが必要になった時に購入した「ケンコー PRO1D Lotus NDフィルター」が好印象で、その流れで同じシリーズのC-PLフィルターを選んだため、あまり深く調べて購入した訳ではありません…^^;


鳥羽水族館の蛸壺

やっぱり水面などは効果抜群で、肉眼では光が反射して見えない所を綺麗に制御してくれます。タコ壺を撮ってみたのですが、上部は少し光が残っていますが綺麗に反射を抑えてタコの様子が分かります。

そしてガラスの反射・写り込みは、正直期待ほどでは無かったかも…^^; ケンコー・トキナーのオフィシャルページにも書かれていますが、「水面やガラス面の反射を取り除く目的でPLフィルターの効果を発揮しようと考えた場合、面に対して斜めの位置から撮影するのが効果的です。」とのこと。水族館撮りは、どうしても真正面から撮らないと被写体が歪み易い水槽もあるので、あんまり効果を得られない時があるのです。加えて照明も " 逆光・順光 " 色々な角度から照らされているのですべてを取り切るのは難しく感じました。

風景撮りにも使っていきたいと考えていますが、自分は逆光・半逆光で撮る事が多いので、PLフィルターを活かし切れるのかどうか心配…^^; PLフィルターの逆光時の使用は効果があまりないと言われています。


鳥羽水族館のウミガメ

まあこれも実際にPLフィルターを装着して撮影しないと分からない事なので良い勉強に。上記のウミガメ写真はJpeg撮って出しですが、きっちりコントラストが残ってくれた印象。


鳥羽水族館の淡水魚

水族館撮りでPLフィルターを使用すると、水槽の色が濃く出てくれるので魚が引き立ってくれる感じで、魚のボディの質感が上がります。ただし暗めな水槽の場合、ISO感度をいつもより上げていかないとシャッタースピードが稼げない事も確か。12-40mmはF2.8通しで使い勝手は良いのですが、水槽によってF1.8やF1.4の単焦点レンズが必要になってくるので、PLフィルター付けっ放しで水族館撮りは厳しい時も。まあノイズ耐性の高いカメラを使用すれば問題ないですが…。



あと動画の方も試してみました。この日コブシメが墨を吐いて水槽が真っ暗に…さすがにF2.8+PLフィルターだと1/60秒のシャッタースピード維持するのにISO感度を結構上げなければならずノイズ多めに…^^; しかもパナソニック機は暗部ノイズが潜む傾向が強い印象で、少しでも映像に補正を掛けるとさらにノイズが出てくる感じだったので、オープニングとエンディングをモノクロ処理した以外は何も補正していません。撮影している途中でPLフィルターを外しても良かったのですが、ホワイトバランスが変わってくるのも嫌だったのでそのまま撮り続けました。

水族館撮りでPLフィルターの使用は、静止画・動画ともにシーンを選ぶな〜と実感。今後も使い続けて自分なりの使い方を見つけて行こうと思います。


ケンコー・トキナー 製品 : PRO1D Lotus C-PL





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ケンコーの PRO1D Lotus C-PLを使い始め 雑多なブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる