東野圭吾さんの「マスカレード・ホテル」を読み始め

東野圭吾さんのマスカレードホテル

東野圭吾さんの文庫本「マスカレード・ホテル」を読み始めました。(集英社文庫)

以前から気になっていた作品で、すでに「マスカレード・イヴ」というエピソード・ゼロ的な作品も文庫化されていますが、まずはこの「マスカレード・ホテル」の世界を楽しんでみようかと♪

裏表紙のあらすじによると…

都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京ということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就くことを命じられる。彼を教育するのは、女性フロントクラークの山岸尚美。次から次へと怪しげな客たちが訪れる中、二人は真相に辿り着けるのか!? いま幕が開く傑作新シリーズ。

…となっています。

ホテルものと言えば「白銀ジャック」が思い浮かびますが、あの作品はゲレンデとホテル経営がメインでしたから、今回のように一流ホテルが舞台でその業務の中で展開していく東野作品は初めてではないでしょうか。(以前にあったらごめんなさい…^^;)

東野圭吾氏は以前から人気作家でしたが、とくに " ガリレオ " とか " 新参者 " や " 流星の絆 " などのドラマや映画がヒットして以降、どちらかというと広い層に読まれる事を想定した作品が多くなった気がしているのですが、この作品はどのような仕上がりなの興味津々です。


東野圭吾さんの「マスカレード・ホテル」を読み終える♪





マスカレード・ホテル (集英社文庫)
集英社
2014-07-18
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マスカレード・ホテル (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック