パナソニック Leica Summilux 15mm F1.7 撮り始め♪

先日購入したパナソニックのマイクロフォーサーズ用交換レンズ LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. を使い始めました。今回は初撮りした写真群からピックアップしてみようかと。


オリンパス OM-D E-M5 に LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. を装着して撮影した4608x3456pxの画像を800x600pxに縮小していますが、レタッチは一切していないJpeg撮って出しになります。


パナソニック LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. サンプル画像
15mm 1/1250秒 f/4 ISO-200 0.0EV

パナソニック LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. サンプル画像
15mm 1/800秒 f/4 ISO-200 +0.7EV

自分の場合はストリートスナップメインで使う事を前提に購入したのですが、まず通りのビル群を撮ってみて思った以上の描画でビックリ♪ 天候や季節そして時間帯にもよるかもしれませんが、コントラストが高くて、色乗りも良く、F値を少し絞った建物撮りの楽しさを教えてくれるレンズかも。カメラの設定や撮り方で写りが変わるかもしれませんが、変に暗部が持ち上がる事無くメリハリある描画に感じました。


パナソニック LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. サンプル画像
15mm 1/80秒 f/4.5 ISO-1250 0.0EV

個人的に " 35mm換算 : 35mm " という焦点距離は苦手な焦点距離で、このパナライカ 15mm F1.7はさらに広い " 30mm レンズ " になります。まだちょっとこの距離感に慣れなくて四苦八苦していますが、徐々に距離感と構図感が掴めれば良いな~と思っています。シーンによってアスペクト比は、4:3よりも3:2や1:1の方が撮り易いと感じる事も。


パナソニック LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. サンプル画像
15mm 1/400秒 f/1.7 ISO-200 0.0EV

デパートのウィンドウディスプレイも撮ってみました。全体的に撮る場合、この焦点距離イケるかも。でもウィンドウディスプレイ撮りは標準ズームレンズの方が守備範囲が広いのは確か。


パナソニック LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. サンプル画像
15mm 1/4000秒 f/1.7 ISO-100(ISO LOW) 0.0EV

街路樹を見上げて撮ってみたのですが、やっぱりパナライカ 25mm F1.4よりも焦点距離の広さを感じます。パナライカレンズは、25mm(35mm換算 50mm)、45mmマクロ(35mm換算 90mm)、42.5mm(35mm換算 85mm)とベーシックな焦点距離のレンズ展開で、今回のパナライカレンズは、35mm換算で " 35mm " ではなく " 30mm " とちょっとイレギュラーに感じます。撮っていて思った事は、スマートフォンのカメラレンズに近い焦点距離に感じ、ちょっとこの層のユーザーにアピールしているのかな~?っと。


パナソニック LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. サンプル画像
15mm 1/2500秒 f/3.2 ISO-200 0.0EV

このパナライカ 15mm F1.7の撮影最短距離は20cmとかなり寄れるのですが、感覚的に思った以上に寄らないと最短距離20cmにならない印象です。マクロレンズのような近接撮影は無理ですが、ボケ味を活かした撮影も可能で色々撮り始めているので今後そういった写真も貼ってみようと思います。初撮りしてみた第一印象は良かったです。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック