富士フイルム X-T2 予想以上に4Kに力入っている印象

これまで富士フイルムのXシリーズは静止画メインのコンセプトできていたので、どこまでX-T2で動画性能を強化してくるのか個人的に興味津々だったのですが、予想以上に力が入っていてビックリ。最近は " 4K " に対応して当たり前的な流れもあり、使う使わないは別にして訴求力もある機能なので、以前から X-T2 に4K動画機能が採用されるのではないか?と噂されていました。


噂通り X-T2 は " 4K " に対応したのですが、製品ページを見ると力が入っていてビックリ。X-T2 で撮影した4Kプロモーションムービーも複数公開し、その仕上がり具合も確認できるようになっています。


4K 60pには対応しませんでしたが、4K 30pに対応し、クロップ 1.17x、出力解像度 3,840 x 2,160px、入力解像度 5,120 x 2,880px、ビットレート 100Mbps となっています。Xシリーズの売りである " フィルムシミュレーション " が動画にも適用可能で、個人的に ACROS を適用した動画の仕上がり具合がとても気になります。Logガンマ「F-Log(エフログ)」に対応した事にビックリ、何気に富士フイルムの本気を感じてしまいました。

発売は9月と少し先ですが、今後静止画だけでなく、動画レビューや様々な作品が登場する事に期待です。


富士フイルム デジタルカメラ : X-T2





FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2ボディ X-T2-B
富士フイルム
2016-09-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2ボディ X-T2-B の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック