ノラ・ジョーンズの新譜「DAY BREAKS」を聴き始め

ノラ・ジョーンズ新譜「DAY BREAKS

ノラ・ジョーンズ / Norah Jones の新譜「デイ・ブレイクス / DAY BREAKS」を聴き始めて3週間ぐらい経ちました。今作はノラが " ピアノ " で戻ってくるという前振れが先行し過ぎて " 原点回帰 " 的なアルバムを期待し過ぎて聴いてしまうと、ちょっと肩透かしを食らうアルバムかもしれません。でも3週間毎日聴き続ていると慣れてきて「これ良いんじゃないの?」と思えるほどになりました。このところの「Little Broken Hearts」と「The Fall」などのポップ路線は個人的にあまり肌に合わなかったので、その点でも歓迎すべきアルバムに感じます。

全体的なサウンドは統一されていますが、所々でリトル・ウィリーズを感じさせるカントリー・ブルース風味、ポップ路線の頃のニュアンスを感じる楽曲もあり、純粋な " 原点回帰 " なアルバムではなくこれまでのキャリアを感じます。それだけにジャズ寄りの楽曲が映える印象。1stの世界観を求めるのか、単に焼き直しではない新たな世界観を受け入れるのかで評価は変わってくるのかもしれません。

個人的に聴けば行くほど良さが分かってくるスルメ盤になりそうです。






DAY BREAKS
BLUEN
2016-10-07
NORAH JONES

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DAY BREAKS の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック