ONKYOのイヤホン E700M 使い始め

ONKYO イヤホン E700M

GW前にAppleの「Phone SE」と同じ時期に購入したのが、このONKYOのハイレゾ対応!カナル型セミオープンイヤホン E700MWになります。カラーは、ブラックとホワイトが用意されているのですがホワイトをチョイス。

新製品ではなく2015年11月に発売されたイヤホンで、1万円前後のイヤホンで評判も良くヨドバシカメラで試し聴きをした上で購入しました。他に聴き比べたイヤホンは、AKG N20とYAMAHA EPH-100で、最初にE700Mを試したので基準がそこで出来てしまい、元々1万円前後と価格も決めていたのですんなりE700Mに決定。満足はしていますが、AKG N20でも良かったかな~と思う事も。

まだ使い始めて間もないので結論付けてはいませんが、評判通りに自然で素直な音色。メーカーが謳う " あるがままの音 " も納得。


ONKYO E700M と iPhone SE

カナル型セミオープンイヤホンは初めてだったのですが、確かに音の広がりは感じます。…が、その分遮音性は純粋のカナル型比べると落ちるので周辺の音は入ってきます。爆音では聴かないのでセミオープンゆえの音漏れはそれ程気にした事はありません。

バランス重視の音にチューニングされているので、中低音重視のメリハリあるイヤホンに慣れた方だと物足りなく感じるかもしれません。低音がスカスカという訳ではないですが、個人的にもう少し低音が強調してあってもバランスは崩れないのではないのかな~と思う事も。その反面、中高音の解像感があってほんとクセがなく多くの人が使う事を前提に仕上げた汎用性あるイヤホンに感じます。

音にクセがないので日常使いで気軽に使えるイヤホンで、1万円前後のイヤホンなら購入候補の1つに挙げて良いかもしれません。しばらく使用して、機会があれば感想も書いてみたいと思います。


ONKYO スマートフォン/ポータブル : E700M





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック