雑多なブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS シグマ 56mm F1.4 DC DN | Contemporary 撮り始め

<<   作成日時 : 2018/12/28 22:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

東京旅行時にヨドバシアキバで「シグマ 56mm F1.4 DC DN | Contemporary マイクロフォーサーズ用」を購入し、早速撮り始め。シグマ56mmがどのようなレンズに仕上がっているのか撮り始め初日のストリートスナップになります。

パナソニック LUMIX DC-G9にシグマ 56mm F1.4 DC DN | Contemporaryの組み合わせで撮影し800x600pxに縮小しています。


東京駅
56mm 1/2000秒 f/1.4 ISO-200 0.0EV

まず撮り始め「開放はボケる」と実感。被写界深度が深いマイクロフォーサーズ機でも35mm換算 : 112mmの焦点距離で開放F1.4だけに簡単に滑らかなボケ味を堪能できるレンズだな〜と。ただこのレンズは、みなさんご存じ通りEマウント APS-C用が基準のレンズでEマウント用は85mm相当のレンズなのですが、マイクロフォーサーズ用だと112mmというこれまで経験した事のない焦点距離…はっきり言って中途半端な焦点距離…w さすがに初日は、この112mmの感覚に慣れる事はありませんでした。旅行中この焦点距離にシンクロする事はなかったかも。

自分は、オリンパス M.ZUIKO 60mm F2.8 Macroをストリートスナップとして使う事があるのですが、感覚がまた違うので、マイクロフォーサーズ用の購入を考えている方は、店頭などで試写する事をお勧めします。


イスとボケ味
56mm 1/250秒 f/1.4 ISO-200 0.0EV

ボケ味がうるさくなりそうなシーンで試してみたけど、個人的に良い感じ。色ノリも良くて好印象…しかし純正レンズとサードパーティ製レンズの差を感じる事も。あっ…自分はどちらかというと純正レンズ主義で、シグマレンズを購入したのが今回が初めてになります。


銀座の雑踏
56mm 1/25000秒 f/1.4 ISO-200 0.0EV

自分のカメラの設定と撮り方では、このシグマ56mmのAFの挙動はクセがあるかも。いつも迷うとか、遅いとかいう訳ではないですが、パナソニック G9の組み合わせで使っていると、コントラストAF (DFD) よりも像面位相差AFの方が最適化されているのかな?と撮影中に感じてしまいます。Eマウント用をソニー α6300/α6500で使用した方が快適なのかどうか気になるところ。ストリートスナップの場合、歩行者のシルエットを上記の写真のように構図に入れたい時があると思いますが、正直言ってシングルAFでキツくて「人体認識機能」の機能を借りました。G9などの最新機種に搭載されている「人体認識機能」を使用すれば、F1.4でもかなりカバーしてくれる印象。上記のような写真を撮るなら個人的にシングルAFではなく「人体認識機能」だな〜と実感。ストリートスナップの場合、軽く絞ってもAF精度は体感的にあまり変わらない気がします。

あと電子シャッターで高速シャッター切れるのでNDフィルター無しでも開放でガンガン使えるので、シグマ56mmが活きてくるシーンも多くなってきます。街中のシーンであれば、それほど高速に動く被写体はいないのでローリングシャター現象の影響を受ける確率は低そうな予感。


冬の花
56mm 1/1000秒 f/2.8 ISO-200 -0.7EV

花撮りもポートレート感覚で楽しめるかもしれません。やっぱりこのレンズのコンセプトは " ポートレート・レンズ " だな〜と感じます。特にマイクロフォーサーズ用は、焦点距離的にこのレンズでポートレートやブツ撮りなど明確なビジョンが無いと常用レンズにはならない可能性が高いかと。でも使えば、このレンズの素養の良さを味わう事が出来ます。逆光時、何枚かはコントラストが弱くなりましたが、基本的に問題になる事はありませんでした。3日目に派手にレインボーが出たのですが、それも機会があれば書いてみようと思います。

しべから花びらのエッジ部分までピントを合わせたかったのでF2.8まで絞りました。


新宿駅
56mm 1/200秒 f/2.8 ISO-200 0.0EV

初日使ってみて、やはり全方位でまとめてくる純正レンズでとは違うのだな〜と。このレンズは、個性というか何かアピールしてきます。個人的に今でもAFは気になりますが、ポートレートなどじっくりレリーズしながら撮影する方にとって問題になる事はないと思います。ストリートスナップの用途で一期一会的な一瞬のシーンを撮ろうとした時に、AFが合わないとストレスになるかも…。マイクロフォーサーズ用は、焦点距離の感覚とAFのクセが受け入れられるかどうかが分かれ目な印象。


初日のインプレッションはこんな感じです。


シグマ レンズ : 56mm F1.4 DC DN | Contemporary





シグマ 56mmF1.4DC DN Contemporary MFT 56mmF1.4DC DN MFT
シグマ
2018-11-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シグマ 56mm F1.4 DC DN | Contemporary 撮り始め 雑多なブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる