コスモス撮り開始 浜離宮 2017

コスモスは、個人的に秋の花のイメージが強く9月に入ってから意識する花なのですが、自分がよくコスモス撮りに出かける「浜離宮恩賜庭園」は8月が見頃で9月になってから撮りに行くとピークが過ぎている事も。8月26日(土)27日(日) 2日連続で撮りに行ってきました。コスモス畑一面のコスモスを撮るなら今がピークという感じで、一輪のコスモスを狙う時は、早咲きのコスモスはすでに傷み始めているので綺麗なコスモスを探す必要がある感じです。本当は8月中旬あたりに一度咲き具合を確かめるべく試し撮りに行きたかったのですが行けず…^^;

パナソニックのマイクロフォーサーズ 標準機 LUMIX G8に M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro / LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm F4.0-5.6 ASPH. POWER O.I.S. / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO を装着し撮影した画像を800x600pxに縮小しています。


浜離宮のコスモス
45mm 1/250秒 f/5.3 ISO-200 +3.0EV LUMIX 45-175mm F4.0-5.6

まずは初日、浜離宮に到着する寸前から雲行きが怪しくて、撮影開始から小雨が…^^; でも曇りや雨の日は、露出を上げるか、フラッシュの強さを調整する事によって、背景を飛ばして押し花っぽく撮れるので個人的に苦になりません。梅・桜・薔薇・コスモスなどは、このような天候の時に背景を飛ばしてよく撮るかも。2日間とも花撮りには向いていない風が吹いていました。花撮りの時は、風が気になる時がありますよね。


浜離宮のコスモス
60mm 1/250秒 f/5.0 ISO-200 -0.3EV M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro

ベタな構図ですが、俯瞰(ふかん)で捉える花撮りも好きなんです。


浜離宮のコスモス
60mm 1/160秒 f/5.0 ISO-200 0.0EV M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro

そして雨が本降りに…。一度雨宿りしながらiPhoneで雨雲レーダーをチェックすると、20分ぐらいで一旦雨が止み、その1時間後に強めな雨雲が迫っている感じだったので、小雨になってから15分ぐらい撮影し撤収という感じ。自宅のベランダに洗濯物が干しっぱなしだった事もあり、次の雨雲の事を考えると撮影は無理と判断したのですが、帰りの電車の中で雨雲レーダーをチェックすると、その雨雲が消えちゃってて取越し苦労な展開に…^^; まあ明るい内に洗濯し直せましたが、コスモス撮り自体は中途半端な結果に。

この写真は、内蔵フラッシュを使用していますが、G8は内蔵フラッシュ使用時のシャッタースピードの上限が1/160秒で、風が強い日はシャッタースピードが足りないと感じる時も。せめて1/250秒ぐらいは欲しいかも…こういうちょっとした所が、価格は上がったけどGシリーズはやっぱり標準機なのだな~と感じてしまいます。

翌日は、ニコンファンミーティング 2017に行く予定でしたが、それを変更し再びコスモス撮りへ。2日目は、M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PROでコスモス撮りに挑戦です。


浜離宮のコスモス
40mm 1/1600秒 f/2.8 ISO-200 -0.3EV M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO

紫陽花撮りの時にも思ったのですが、このレンズで花撮りするとマクロレンズの代替にできる標準ズームレンズと言って良いと思います。「マクロレンズはいらいないと思う人もいるだろな~」と撮りながら感じました。個人的にもう1本のマクロレンズ 30mm F3.5 マクロの出番がさらに減りそうな予感…というか、すでに今回のコスモス撮りに30mm F3.5 マクロは持ち出していません。


浜離宮のコスモス
40mm 1/1300秒 f/2.8 ISO-200 +2.7EV M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO

2日目は雲は多めでしたが雨が降る事はありませんでした。なので太陽光でコスモス花びらの発色が良く、程良く光が透けて良い感じに。最近、見上げる構図でコスモスの裏側から撮る事が増えてきました。

浜離宮は、もう一度コスモス撮りに行くなら雨の日で、あとは道路脇や公園に咲いているコスモスを撮ろうと思います。一足早く " 秋 " を感じた2日間でした。





"コスモス撮り開始 浜離宮 2017" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント