ソニー α6300 の強化ポイントをざっくり確認

ソニー α6300

先日ソニーがEマウント APS-C α6300 | ILCE-6300 を海外先行発表しました。とくに動画機能が思った以上に強化されていてビックリ。その他にも改善・向上した強化ポイントもざっくり確認してみようかと思います。

まずはやっぱり " 4K " に対応した事が一番の目玉ではないでしょうか。全画素読み出し 6Kデータから4Kに記録し、XAVC Sで " 4K 100Mbps " に対応しているから驚きです。FullHDではスローモーション動画も撮影可能な模様で、RX100 IVが予告編だったのかな~と感じました。キャノンコネクター(XLR)のアダプターが用意され、マイク入力も可能とのこと。

新型2400万画素センサーも搭載されています。ソニーが培ってきた高集光プロセス技術を採用しているので、第2世代 α7シリーズ搭載センサーのようにノイズ耐性が向上し、α6000と比べると、ISO100~25600 → ISO100~51200(拡張)に向上しています。実際使用するISO感度でどのくらいノイズが少なくディテールが豊かなのか興味津々。

α6000と同じくこのα6300も " 4D FOCUS " に対応していますが、像面位相差AFポイントが何と179点から425点と大幅に増加し、AFスピードも世界最速 0.05秒を実現しています。XGA OLEDトゥルーファインダ(240画素)も採用されEVFも強化されているので、実際の撮影フィールもα6000より向上していそうな予感です。

ただしこれだけ強化されているのに、シャッタースピード 30~1/4000秒、高速連写 11コマ/秒は据え置きで意外な感じ。露出補正も±5EVと据え置きですが、このままでも充分な性能ではないでしょうか。あとRAW 14bitにも対応しています。

とくに動画を意識されているユーザーさんには、物欲が刺激される機種ではないでしょうか。静止画においても実際の描画性能と撮影フィールが分かってくれば充分魅力的な機種になる可能性も。個人的にこのNEX時代から続いているこのボディスタイルで、4K撮影の熱がどう処理されるのか、実際の連続撮影はどこまで持つのか気になります。





Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B
マンフロット
2013-07-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック